【書評】女の子を伸ばす母親は、ここが違う!(育児本)

こんにちは!未就学児の娘が3人いるナンシーです

今回は、「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」が10万部を突破した有名な著者の教育環境設定コンサルタントであり受験プロ。松永暢史氏の「女の子を伸ばす母親は、ここが違う」という育児本を紹介したいと思います

ジャンプできる目次

女の子を伸ばす母親は、ここが違う!

概要

家庭教師として多くの女児と接してきた著者が現場で感じた、立派な女児とそうでない女児はどのような育ちをして差ができたのかを解明た著書という感じです

目次の一部

例えば女子が嫌いな女子の代表格 ”ブリっ子”

なぜ女子はぶりっ子をきらうのか、なぜぶりっ子はぶりっ子になってしまうのか。までを明確に解明していて信ぴょう性があるので、なるほどね!確かにそうかも…」と納得させられる解析です

ラボ所長

最近おしゃれに目覚めた私の次女。
単に女子力が芽生えただけだと思ってたんですがそうじゃない気がしました…

松永暢史氏も「ポジティブな声かけ」を重視しているのですが女の子は賢いのでただ褒めるだけじゃなく、タイミングや伝え方にもコツがあると

口コミ・評判

教育本ですが、書き口が難くないので読みやすいと思いました。この本を読んだら、娘のことよりも自分が何故こういう大人になったのか・・というとに納得してしまいました。笑

楽天ブックス商品レビュー

勉強ができるだけでなく、道徳意識のある人間に育つように、40の指南をしてくれます。「~な女の子は勉強ができる」「~こんな子は頭がよくなる」というタイトルが目立ちますが、ただ勉強ができるガリ勉タイプの子に育てるのではなく、女の子として魅力のある人間に育てるアドバイスが非常に納得、共感できました。

楽天ブックス商品レビュー
ラボ所長

なかには「偏見だ」というような評価もありましたが、”育ちの良し悪し”で将来を左右されるのは現実問題ではないでしょうか

現場で実際に女の子と接してきた著者のリアルな”良い女の子を育てるための手引き”がとても参考になり是非実行しようと思いました!
女の子ママなら一度は読んでおきたい育児書だと思います

以上

よかったらシェアしてね

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる