【書評】女の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり”幸せの種”をまく方法

日本心理学会認定心理士の中野日出美さんの著書で、20年の心理セラピーの経験から、最善の娘との接し方を記しています

ラボ所長

どのくらい細かいかと言うと
目次だけで10ページあるの!

この本では人の”潜在意識”に着目していて、ひとは幼少期の親との関わり方で人生が決まるという説明から始まります

そして子の”潜在意識”を”畑”と仮定して親が娘の畑に”良い種”をまけば、子の将来は有望だ!ということです

その”種”の種類まき方をすごーく細かく説明しています

  • 娘を ”稼げる女” にする
  • 娘を ”男性を選ぶ女” にする などなど
ジャンプできる目次

女の子の育て方 子どもの潜在意識にこっそり”幸せの種”をまく方法【口コミ・評判】

全ての親御さんに読んでほしい!

とても読みやすくイラストもかわいいですが、内容としては心が痛む親御さんが多いのではないでしょうか。

Amazonカスタマーレビュー

素直に読めなかった

普通に自力で稼げてる方なら読んでも挫折感を味わうことなく読めます。私は家事もロクに出来ない母なので私には無理そうだな、という感想のみ残った本でした。

Amazonカスタマーレビュー
ラボ所長

よくポジティブマインドな子育てを!といいますがこの育児本を読むことで、それがなぜなのか、また手ごわい女の子育児の具体的な方法を知ることができると思います

ナンシーの読書感想文、以上です!

よかったらシェアしてね

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる